あたしマルコフ

居酒屋の

座敷に

座り

互いに

自己紹介する

偶然なのか

カヨと

幸せになるハズだった

だけど

頭とは

裏腹に

身体が辛い

夜まで

待ってみたが

12時を

過ぎても

トモは

焦って

『ご…

ごめん

お願いだから

夢だったって

目を覚まさせて

そして

ベッドに

行ってしまう

居間にいた

アタシは

笑いながら

トモに言った

言葉

勝手に死んだカヨが悪い

まだカヨを引きずってるんでしょ

本とに

もぉ

いいよ

もぉ

俺から

離れないで


1ページ
[次ページ(#)]
※これは、1接頭語1接尾語のマルコフ連鎖(形態素解析は改行区切りで代替w)っぽいことをして、 携帯小説“風味”の文章を超てきとーに生成するプログラムです。
一生懸命読んでいただいても、ストーリーも、終わりも無いのでご注意ください。m(_ _)m
TOPページに戻る
[ 946652 ]