あたしマルコフ

トモが

話しかけてくれた

『・・・』

でも

今のままじゃ

言えない

『アキ

手出して』

『はっ!

つけてくれちゃう

みたいな?

なんか

納得

いかないんですけど

でも

嫌なら待つよ

いつまでも

だけど

おかしい

肉が

味付けを

した瞬間

焦げてきた

は?

アタシだけ?

意味なしに

なるんですけど』

『そうだね

コレはいつかね』

『はっ

買ってくれる系?

こんな

暗闇で

誰も

いない

いない

いるのは

俺の

頭の中だけの

カヨ

トモの

近くに

いただけ

みたいな

まぁ

当たり前?

みたいな

『つけないわけ?

アタシだけ?

さっきの


2ページ
[前ページ(*)] [次ページ(#)]
※これは、1接頭語1接尾語のマルコフ連鎖(形態素解析は改行区切りで代替w)っぽいことをして、 携帯小説“風味”の文章を超てきとーに生成するプログラムです。
一生懸命読んでいただいても、ストーリーも、終わりも無いのでご注意ください。m(_ _)m
TOPページに戻る
[ 953711 ]