あたしマルコフ

電話を切る

急いで

居間に行ったら

また

君と

いたんだ

最初から

始まってなかったじゃん

アタシ

何回

トモと

一緒に

溶けて

桜の蕾が

実のってきた

アタシの街は

春が

遅い

アキは

黙っていた

だけど

中に

出した事も

なかった

しようとも

しなかった

でも

アタシは

返す

ただ

空っぽ

空っぽだよ

ブレスレットを

見せる

アタシと

お揃い嫌なわけ?』

『嫌なわけないけど

アキはいいの?』

『別に

正直に言えば

毎日つけろとか

思ってないけど

ただ

変わらず

アタシばっかり

おはようも

おやすみも

トモからは

一度もない

着いたって


3ページ
[前ページ(*)] [次ページ(#)]
※これは、1接頭語1接尾語のマルコフ連鎖(形態素解析は改行区切りで代替w)っぽいことをして、 携帯小説“風味”の文章を超てきとーに生成するプログラムです。
一生懸命読んでいただいても、ストーリーも、終わりも無いのでご注意ください。m(_ _)m
TOPページに戻る
[ 953712 ]